電気代節約効果が抜群

LEDという言葉を日常的に聞くようになりました。発光ダイオードと呼ばれるもので、それは産業分野に関わらず、家庭においても重要な役割を果たすようになってきています。その一つがLED照明で、その数々のメリットから、使われる機会が増えてきています。そのメリットの1つは、何と言っても電気代を節約できることです。従来の白熱電球の約5分の1の消費電力で、その節電効果は一目瞭然です。照明は家庭の消費電力のうち、かなりのウェートを占めますので、LEDに置き換えた場合は、家計を非常に助けてくれることになるでしょう。

長い寿命で交換の手間・コストが低減

2つ目のメリットは、長寿命であることです。LED電球を例にとってみると、およそ4万時間、従来の白熱電球の数十倍という長さになっています。これにより、交換のサイクルが長くなり、結果として交換費用を低減することができるのです。従来の電球は、よく使う場所では頻繁にとりかえなければなりませんでしたが、その手間もなくなるというわけですね。また、LEDは、つけたり消したりを繰り返しても傷みにくく、寿命が短くなるようなことはありません。こうした耐久性も、長寿命の秘密なのです。

LEDで地球の自然環境を守る

さて、以上は家庭の経済的視点から見たメリットでした。しかし、これらは地球環境保護の観点から見ても、非常に大きなメリットをもたらします。消費電力が抑えられることは、結果として二酸化炭素の排出量削減に貢献し、地球温暖化などの防止につながります。また、寿命が長いということは、それだけゴミとなる電球などの照明を減らせるということですので、これも地球に優しいと言えるでしょう。このように、家庭で簡単にできるエコ活動、という意味でも、照明のLED化はおすすめです。

LEDライトパネルは単色の白熱電灯と違って数万種類の色を出せる商品もありますので、彩り鮮やかに提示する事が出来ます。